【大切なお知らせ】2018年4月より社会学部メディア表現学科は、メディア学部メディア学科へ改組しました。本Webサイトの内容は社会学部メディア表現学科のものであり、メディア学部メディア学科の内容とは異なりますのでご注意ください。メディア学部メディア学科に関する情報は「メディア学部メディア学科ニュースサイト」をご確認ください。

□ 中西 太郎 Nakanishi Taro

職位

専任講師

専攻

日本語学
社会言語学
方言学

所属学会

日本語学会
社会言語科学会
日本方言研究会

研究内容

日本語あいさつ表現、言語行動の方言学的研究、
災害時における情報弱者へのコミュニケーション

著書・論文

■『方言を救う、方言で救う―3.11被災地からの提言』、2012年、ひつじ書房(共著)
■「外国人が言い換えた「やさしい日本語」―茨城県・千葉県におけるインタビューを通して―」2013年、『命綱としての日本語―緊急時コミュニケーションの社会言語学的総合研究―』、明海大学(単著)
■「柳田が導く日中の出会いのあいさつ表現研究の可能性」2014年、『柳田方言学の現代的意義―あいさつ表現と方言形成論』、ひつじ書房(単著)
■「言語行動の地理的・社会的研究―言語行動学的研究としてのあいさつ表現研究を例として」2015年、『方言の研究』1号、ひつじ書房(単著)
■「言語行動の東西差―準備調査から傾向を探る」2017年、『東京女子大学紀要論集』67巻2号、東京女子大学(共著)

メッセージ

ことばを深く学び,理解することで表現力が高まります。
表現力が高まれば,自分の気持ちを,的確,適切に伝えることができます。
自分の気持ちを的確,適切に伝えることができれば人間関係がうまく行きます。
人間関係がうまくいけば,人生が豊かになります。
人生を豊かにするための「ことば」,一緒に学んでいきましょう!