【大切なお知らせ】2018年4月より社会学部メディア表現学科は、メディア学部メディア学科へ改組しました。本Webサイトの内容は社会学部メディア表現学科のものであり、メディア学部メディア学科の内容とは異なりますのでご注意ください。メディア学部メディア学科に関する情報は「メディア学部メディア学科ニュースサイト」をご確認ください。

□ 河合 良文 Kawai Yoshifumi

職位

教授

専攻

広告表現論
広告戦略論
広告コピー論
ほか広告コミュニケーション全般

所属学会

日本広告学会
TCC(東京コピーライターズクラブ)

研究内容

広告会社シニアクリエーティブディレクター出身。実務経験にもとづいて、戦略立案から企画・制作まで、メディア表現のあるべき姿を探る。

著書・論文

■“Tokyo, a faraway Neighbor?”(2003年クリオチャイナ広告祭記念講演)
■「これが世界の実力か!?」(2001年ACC主催米国クリオ賞審査委員レポート)
■「ブランドを強くするコミュニケーション」(2001年DCW<電通コミュニケーションワークショップ>講演)
■「グローバルとローカルの間で」(1999年モスクワ広告祭基調講演)

メッセージ

メディア表現に関わるとは、想像力と創造力をもって、つねに受け手を思いつつコミュニケーションメッセージを発信することと考えています。 広告は、人間観察に尽きる。だから面白い。時代とともに変化するから、ますます面白い。そんな広告コミュニケーションのよろこび、アイデア開発の楽しさを、一緒にシェアしましょう。