いよいよ学生生活もあと1年となる4年生。特にその後半では、これまでの集大成として卒業研究に臨みます。

卒業論文 or 卒業制作

4年次後半になると、3年次に参加したプロジェクトを通して得られた成果や課題をもとに、演習クラス担当教員の指導やクラス内での議論を受けながら各自で卒業研究のテーマを設定します。研究テーマの設定の際には、選択した分野やプロジェクトに応じて、研究の形式を「論文」か「制作」から選択します。

卒業論文と卒業制作の違い?
  • 卒業論文
    実験や調査などの実証的なデータ分析による報告や考察などが含まれる論文
  • 卒業制作
    課題に対する解決策などに適したメディア(映画、フリーペーパー、写真、イラスト、CG、Webページなど)を用いた制作物

過去の卒業研究例

過去に社会学部メディア表現学科の学生が行った卒業研究の例は以下のとおりです。※カッコ内は形式

メディアと社会・文化分野に関連する研究テーマ例
  • 商店街におけるインターネット番組を利用した効果的な情報発信のあり方に関する研究(論文)
  • ニコニコ動画における盛り上がり方の比較分析(論文)
  • 日本にいる留学生の生活を記録するフリーペーパーの分析と提案(論文)
メディアと産業・消費分野に関連する研究テーマ例
  • Jリーグクラブにおけるイベントをめぐる分析と提案(論文)
  • “水”に触れる広告~これまでにない広告媒体創造へのチャレンジ~(制作)
  • 小学校低学年に向けた国語、算数科のゲーム教材の開発(制作)
メディアと表現・技術分野に関連する研究テーマ例
  • 現代社会におけるプロジェクションマッピングの役割に関する研究(論文)
  • ARを利用した親子で楽しめる絵本の制作(論文)
  • 車椅子ソフトボールの選手に密着したドキュメンタリー番組の制作(制作)

いかがでしたか? もっとメディア学部のことを知りたいと思ったアナタは他の記事も読んでみてくださいね!