アニメや漫画が社会に与える影響って? 地方PRにメディアをどう活用すればいい? こんな疑問を持ったことのあるアナタ、「メディアと社会・文化分野」がオススメです!

メディアと社会・文化分野?

メディアと社会・文化分野は、メディアに関するさまざまな事例をもとに、メディアが社会や文化に与える影響について理論的・実践的に学ぶ分野です。

現代社会におけるメディアの役割や意義を社会学的に分析する科目のほか、メディアが持つ可能性や課題をさまざまな視点から考える演習科目などが設置されています。これらの科目群を通して、社会に新しい価値や役割を創造し、解決策を提案する能力を身につけることができます。

この分野は以下のような業界や職種を目指しているアナタにオススメです!

目指せる業界
  • 出版社・新聞社
  • 小売業、製造業
  • 金融、教育関連企業
  • 自治体、NPO
    …ほか
目指せる職業
  • 編集者・記者
  • 広告・宣伝部門
  • 調査部門
  • 総合職
    …ほか

どんな授業があるの?

メディアと社会・文化分野では、出版(雑誌・コミック)サブカルチャー(音楽・アニメ)地域メディア教育メディアなどについて学べます。例えばこんな授業を開講予定!

授業例:地域メディア論

地域とは何か、地域メディアとは何かという基本的な問いから出発し、地域紙やCATVなどの伝統的な地域メディアの変容や地域の中にどう位置づけられているかを学びます。また、近年のメディアの変容を踏まえて、具体的な地域課題とメディアの関わりについて考えながら、地域におけるメディアの存在意義について考察します。

授業例:サブカルチャー論

音楽・アニメ・マンガ・Webなどのサブカルチャーコンテンツを題材に、コンテンツとそれをめぐる理論の双方を学びながら、社会のあり方を分析・考察します。サブカルチャーに関する研究事例を紹介しながら、身近なコンテンツから問いを見出し、レポートや論文にまとめるまでのプロセスを学びます。

授業例:ジャーナリズム論

「ニュース」とは何かということを考え、ジャーナリズムの歴史と役割を検証します。それとともに、新聞をもとに時事問題について受講者でディスカッションし、メディアリテラシーを身につけます。

授業例:インターネット・コミュニケーション論

私たちの生活に欠かせなくなったインターネットを介したコミュニケーションについて学びます。インターネットが報道やビジネス、地域に及ぼす影響を、事例を取り上げながら考えていきます。

授業例:エデュテイメントシステム制作演習

一人1台の端末を利用する教育環境を想定し、幼小中学生が興味深く学習できるエンターテイメント性の高い教育システムの研究と開発に必要な技能を演習形式で学びます。

この他にも以下のような授業を予定しています。

開講予定科目例
  • メディア文化論
  • 多文化共生論
  • メディア・リテラシー演習

メディアと社会・文化分野でどんなことを学べるか、どんな職業を目指せるか、イメージできましたか? その他の分野について気になった方は他の記事も読んでみてくださいね!