科目名広告論
担当教員名河合 良文
学部•学科社会学部(メディア表現学科)
留学生別科((交留)日本語・日本語教育学科)
単位2単位
開講学期春期曜日時限月曜日 第2時限学年2
授業のねらい
生活者が変わり、企業が変わり、メディアが変わり…いま、広告をめぐる環境は激変している。そんな中で、広告自身もまた生き残りをかけ、従来とは異なる新しい道を模索している。そもそも広告とは何か。その経済的あるいは社会的意義など、まず基本的な理解を養う。「科学と芸術のしあわせな結婚」といわれ、マスマーケティングの花形として君臨した伝統的広告の時代を経て、複雑多岐な課題をさまざまなメディア・コミュニケーションによって解決に導き、生活者との強いエンゲージメントを求める現代広告の先端までを学習する。
授業内容
第1回 広告とは何か -説得から関係性構築へ
第2回 企業戦略と広告 -複雑化するマーケティング
第3回 広告主と広告会社 -良きビジネス・パートナーであるために
第4回 ブランド価値と広告 -ブランドの構築・維持・管理まで
第5回 広告計画と戦略立案 -予算からターゲットまで
第6回 広告クリエイティブ -消費者視点を取り込んで
第7回 メディアと広告① 新聞・雑誌広告
第8回 メディアと広告② テレビ・ラジオCM
第9回 メディアと広告③ OOH広告
第10回 メディアと広告④ インターネット広告
第11回 メディアプランナーの誕生 -届けるからつながるへ
第12回 広告効果の測定 -きびしく求められる費用対効果
第13回 クロスメディア広告最前線 -トリプルメディアの時代
第14回 グローバル広告の可能性 -さまざまな壁と克服の試み
第15回 広告をめぐる法規と規制 -表現の自由と消費者保護
評価の方法および観点
受講姿勢・課題回答50%、期末試験50%配分。
他の学生に迷惑がかかるような受講中の私語については、黄カード(注意)を発行。
黄2枚で赤カード(退席)とする。
教科書等
プリントを配布
参考図書等
新しい広告 嶋村和恵(監修) 電通
わかりやすい広告論[第2版] 石崎徹(編著) 八千代出版
履修上の注意事項
学士力
4 市民としての社会的責任

このシラバスは2015年4月16日現在のものです。
最新のシラバスは【こちら】