科目名メディア社会特講1
担当教員名川端 美樹
学部•学科社会学部(メディア表現学科)
交換留学((交留)日本語・日本語教育学科)
単位2単位
開講学期秋期曜日時限木曜日 第3時限学年1
授業のねらい
本講義では、メディア・コミュニケーションの発達と社会、マスメディアの影響・効果に関する諸理論について学び、また社会におけるメディア・コミュニケーションの具体的な問題をさまざまな視点から取り上げ、考察する。
学生の学習目標
上記の内容を学習することで、メディア・コミュニケーションが社会、世論、そして人々の心理に与える影響について、学生が理解を深めることを目的とする。
授業内容 (スケジュール)
第 1回 メディア・コミュニケーションの基礎知識
第 2回 コミュニケーション・メディアの発達とその社会的影響1:筆記メディア
第 3回 コミュニケーション・メディアの発達とその社会的影響2:印刷メディア
第 4回 コミュニケーション・メディアの発達とその社会的影響3:電気通信メディア
第 5回 コミュニケーション・メディアの発達とその社会的影響4:視聴覚メディア
第 6回 コミュニケーション・メディアの発達とその社会的影響5:ラジオ
第 7回 コミュニケーション・メディアの発達とその社会的影響6:テレビ
第 8回 マス・コミュニケーションの影響と効果に関する諸理論:弾丸効果論
第 9回 マス・コミュニケーションの影響と効果に関する諸理論:限定効果論1
第10回 マス・コミュニケーションの影響と効果に関する諸理論:限定効果論2
第11回 マス・コミュニケーションの影響と効果に関する諸理論:強力効果論1
第12回 マス・コミュニケーションの影響と効果に関する諸理論:強力効果論2
第13回 メディア・コミュニケーションの影響と社会:戦争とメディア
第14回 メディア・コミュニケーションの影響と社会:政治とメディア
第15回 メディア・コミュニケーションの心理的影響:テレビの子どもへの影響
授業の事前準備と事後学習
事前準備としては、次回のテーマについてシラバスで確認して、内容について考えておく。事後学習としては、授業後に前回の授業のノートのまとめ、確認を行っておく。
評価の方法および観点
期末試験の結果を総合点の80%とし、授業中の提出物など平常点の評価を20%として全体の成績評価とする。
メディア・コミュニケーションと社会、人々の心理との関連についての理解度を評価の基準とする。
必須資料(教科書等)
プリントを配布
参考図書等
メディア・コミュニケーション論Ⅰ 竹内郁郎他 北樹出版 ISBN:978489384990
メディア・コミュニケーション論Ⅱ 竹内郁郎他 北樹出版 ISBN:978489384999
備考
メディアと社会および心理に関して興味を持って授業に臨むこと。
授業の内容をきちんとノートにとることが必須である。
また、内容をよく復習して理解を深めること。
学士力
5 問題解決力

このシラバスは2015年4月16日現在のものです。
最新のシラバスは【こちら】